[TOP > JS tools > Bookmarklet作成:URL Jump]

Bookmarklet作成:URL Jump マニュアル

表示しているURLから違うURLへジャンプするBookmarketの作成を補助するJavaScriptツール
Bookmarklet作成:URL Jump

テキスト:
    Bookmalketの名前を指定します
    空欄のときは条件URIと置換後URIから作成します
条件:Test
    表示ページがこの文字列に一致するときに置換します。
    空欄のときは無条件で置換移動します。
    前後(どちらかまたは両方)に|をつけると先頭または末尾にのみ一致します。
      例: |http://mocaskr.web.fc2.com/
      例: .html|
    /regex/または/regex/iで正規表現になります。regexは任意のJavaScript正規表現です。
      例: /^http(s?)://mocaskr\.web\.fc2\.com\/.+\.html$/
非条件時URI:Default
    条件に一致しなかったときに移動するURIです。
    空欄の場合は何もしません
置換前:Before
    置換する文字列です。正規表現可
      /regex/または/regex/i、/regex/igで正規表現になります。
    regexは任意のJavaScript正規表現です。
置換後:After
    置換前で一致した文字列を置き換える文字列です。
    置換前が正規表現であれば、String#replaceの置換メタ文字が使えます。関数は指定できません。
    [置換後基準]にすると、この文字列に置換前でキャプチャした文字列をメタ文字列に代入します。
    置換後基準では、$&、正規表現なら$1,$2,$3,...および独自機能として$Uで「対象URI」を指定できます。
    

プログラム概要:
    Location = 表示中のURL
    if( Testが空白ではければ Location で Test を検索してヒット ){
        if( 置換後基準 ){
            Match = Location.match(Before)
            Afterの中のメタ文字をMatchで置換して 移動
        }else{
            Location.replace(Before, After) へ移動
        }
    }else{
        Default へ移動
    }

通常置換の例:
      例:
        置換前   :http://example.com/
        置換後   :http://example.org/query/
        A対象URI :http://example.com/dirname
        A結果    :http://example.org/query/dirname
        B対象URI :http://example.com/dirname/file.html
        B結果    :http://example.org/query/dirname/file.html
        C対象URI :http://example.com/
        C結果    :http://example.org/query/
        D対象URI :http://example.net/dirname
        D結果    :http://example.net/dirname  *注:置換前にヒットしない場合置換前のままになります
      例:
        置換前  :example.com/url/
        置換後  :
        A対象URI:http://example.com/url/example.jp/dirname/file.html
        A結果   :http://example.jp/dirname/file.html
        B対象URI:http://example.com/url/example.com/url/file.html
        B結果   :http://example.com/url/file.html  *注:通常置換では1つしか置換しません
        C対象URI:http://example.org/url/example.com/url/file.html
        C結果   :http://example.org/url/file.html  *注:ドメインから指定するとURIの途中でも置換されることがあります

正規表現クイックリファレンス:
      ^   先頭    例:/^http(?:s?):\/\//i  http://かhttps://ではじまる物に一致
      $   末尾    例:/\.html$/i  .htmlで終わるものに一致
      ?   直前のものが0回か1回
      .*  ワイルドカード *
      .+  ワイルドカード1文字以上
      (pattern)   後で$1,$2..で使う $の後ろは一致した順番
      (?:pattern) 後で使わないけど優先順位で()で囲いたい用  (?:abc|def)のように使う
      [012abc] 012abcの中から1文字一致
      [a-z]   aからzの間の文字が1文字
      [a-z0-9_] aからz、0から9_のいずれか1文字
      [a-z]*  aからzの間の文字が0文字以上
      [a-z]+  aからzの間の文字が1文字以上
      [^&]+   &以外の文字1文字以上     q=([^&]+) のように検索結果のパラメータを拾うのに必要
      |       a|bで a か bのどちらか
      {3,5}   直前のパターンが3から5回続く。  [a-z]{1,5} で a-zが1文字から5文字
      \x      16進数エスケープ。続く2桁の数値が文字コード 例: \x26 で &
      \u      16進数エスケープ。続く4桁の数値がUnicodeでの文字コード 例: \u3000 で 全角スペース
      \       エスケープ(直後の文字を普通の文字として使う /.$?[]-{}()などで必要
その他制限:
      現時点では、URIをencodeURI/decodeURIする方法がないので困るときがあります。

web拍手 ←ここから非公開でコメントを送信できます。
Bookmarklet作成:URL Jumpマニュアル v00.01.2010022601
Created by Moca. 2010.

inserted by FC2 system